FC2ブログ

Q太郎の自己満足ブログ!

訪れた温泉の紹介と、相方の写真がメインのブログです。中には猥褻と受け取られる画像も含まれる為18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

湯俣温泉 PART2

PART1にてテント設営を終えた私達は

今度は天然記念物の墳湯丘へ向かうのでした・・・

という場面で終えた前回からの続きです

 

 

 

 

クマもん警告のある吊り橋を渡り

今度は高瀬川の上流方面へと歩きます

しばらく歩くと

高瀬川は支流の水俣川と湯俣川に分岐します

 

 

 

 

ここで水俣川を渡る吊り橋を越えて行きます

yuma18_RRR

 

 

 

 

この吊り橋は時々水害で破損し渡れない状態になるそうで

2016年の春先も渡れない状態になっていたそうです。

 

 

 

 

その吊り橋を越えるとすぐにこのような場所を下ります

yuma19_RRR

 

 

 

 

よいしょ! よいしょ!

 yuma20_RRR

 

 

 

 

そこからしばらくは川沿いを(時には川の浅瀬の中を)

歩いて墳湯丘へと向かって歩きます

最終的には湯俣川を渡って墳湯丘前へと辿り着きます

 

 

 

 

浅くても水流はかなりの力がありますので2人ペアで渡ります

 yuma21_RRR

 

 

 

 

そしていよいよ墳湯丘の目前まで辿り着きました(^^)/

yuma22_RRR

 

 

 

 

この辺りの河原は、あちこちで温泉が噴出しています

しかし、源泉温度は無茶苦茶熱いです(^^;)

これを川の水と合わせ、適温の湯壺を作って入浴します!

 

 

 

 

早速河川工事に取り掛かりましょう(笑)

yuma23_RRR 

 

 

 

 

作業員は何故か女性2人・・・ まさに肉食女子と草食男子(笑)

yuma26_RRR

 

 

 

 

せき止めて温度調節しなくっちゃ!!!

yuma27_RRR

 

 

 

 

しかし肉食女子2人の奮闘も実らず

温度はうまく調節出来ませんでした((+_+))

 

 

 

 

でも墳湯丘のすぐ近くには先人が作った適温の湯壺が♪

yuma28_RRR

 

 

 

 

最初からここにすれば良かったなぁ~(笑)

そう決めた頑張り屋さんではない私達(^^;)

 

 

 

 

そして今度は墳湯丘と記念撮影を始めたのでした

yuma29_RRR

 

 

 

 

憧れの墳湯丘を抱き抱える相方(笑)

yuma31_RRR 

 

 

 

 

記念写真を撮影した後は適温の野湯を満喫♪

yuma32_RRR

 

 

 

 

大自然の中の入浴は格別です^^

yuma33_RRR 

 

 

 

 

入浴しながら墳湯丘と記念撮影! なんて贅沢な!(^^)!

yuma34_RRR 

 

 

 

 

墳湯丘ツアーを満喫した私達が晴嵐荘さんの前に戻ってきました

yuma35_RRR

 

 

 

 

晴嵐荘さん、実は2016年は10月中旬で営業終了していたのですが

宿のご主人はまだ後片付けで残っていらっしゃったので

「トイレを借りれるか?」を確認しに行きました。

そしたら「裏から入れるので勝手に入って使って構わないよ」

というありがたいお言葉♪

更に「水場も外のお風呂も自由にどうぞ」という

仏様のような優しいお言葉

 

 

 

 

こちらが水場。煮沸すれば飲んでもOKなありがたいお水です。

yuma36_RRR

 

 

 

 

そしてトイレは宿の裏側から入れます(ここの扉から)

yuma37_RRR

 

 

 

 

トイレの様子

yuma38_RRR

 

 

 

 

トイレの中!もちろんぼっとんトイレです!

yuma39_RRR

 

 

 

 

でも、このトイレを借りれるとは考えてもおらず

携帯トイレを持参していた私達にとっては天国のような環境です

※ 携帯トイレでしたものは、そのままお持ち帰りですので・・・

 

 

 

 

水とトイレを思いもよらず確保できた私達

安心してテントへ戻り、今度は外のお風呂を確認に行きます!

ここからは次回という事でm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

| つぶやき | 22:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

テントやシュラフ、食材、調理器具かなりの荷物だと思うのですが、
さらにヘルメットまで用意ですか?
ヘルメットって必要なんですか?かなり過酷な登山って気がします。
しかし、その苦労があるからこそ尚更、自然の中の温泉の良さが
感じられるのでしょうね?
さぁ、お楽しみな限定版見に行こうっと。(笑)

| Ripple | 2017/01/11 22:31 | URL |

トイレも使えて、水も使えて、本当に天国のような環境でしたね。
宿のご主人に感謝感謝(^_−)−☆

改めて見るとやっぱり兄貴と相方さんはメッチャいいコンビ!
あれこれ指示するやり取りがなくてもポージングは素晴らしい(^_−)−☆
遠近法のアイデアも思いつきませんでした。

| KAZU | 2017/01/11 23:23 | URL | >> EDIT

Re:

Rippleさん

ヘルメットは KAZU工務店の持参品です(笑)
※ リンク先の『恋する夫婦』をご参照願いますi-236

テント泊かつ、アルコールが多かった為に大荷物となりました(^_^;)
でもルートはほとんどフラットなので、そんなに大変ではなかったですよ。

| Q太郎 | 2017/01/12 08:36 | URL | >> EDIT

Re:

KAZU(痔郎)さん

トイレと水は本当に助かったよね。外だったら痔郎ちゃんに盗撮されるところだったもの…
危ない危ない(笑)

相方は遠近法が好きなのよ。あとおちゃらけるのが…
普通にしていて!と言っても聞かなくて困ることがあります(^_^;)

そうそう、今更ながら自分のカメラで背景のぼけ加減を調節しながら撮影する方法を知りました(笑)
同タイプのカメラを使い初めて丸8年… いかに説明書を読んでいないか、そして勉強していないかを感じました(^o^;)

| Q太郎 | 2017/01/12 08:53 | URL | >> EDIT

山歩き最高ですね。女性お二人もとても良く似ていて姉妹みたいですね。どちらがお姉ちゃんなんですか。カメラはあまりいじらなくてもサッと撮って、サッと次に行くのがいいです。また楽しみにしています。

| mahogany | 2017/01/23 20:14 | URL |

Re:

mahoganyさん

コメントありがとうございますm(_ _)m

本当に姉妹みたいですよね…

はい、写真によっては私もどっちか判らなくなる時があります(笑)

| Q太郎 | 2017/01/26 06:49 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>