FC2ブログ

Q太郎の自己満足ブログ!

訪れた温泉の紹介と、相方の写真がメインのブログです。中には猥褻と受け取られる画像も含まれる為18歳未満の方は閲覧しないでくださいね。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

湯俣温泉 Part3

トイレ事情に安心した私達一行

 

自由に使ってどうぞ!と言われた外のお風呂も気になります。

 

そこはテントからすぐ近くにありました

 

ジャーン!

yuma40_RRR

 

 

 

 

しばらく誰も使用していないらしく

 

結構藻が・・・(^^;)

 

さて温度はどうでしょう?

 

次の絵を見ていただけたら解ると思います

 

めちゃくちゃ適温です!

yuma41_RRR

 

 

 

 

それも結構広いので

 

お湯の沸いている所は

 

42℃ぐらいで

 

お湯が流れ出ていく側は

 

40℃ぐらい

 

移動することで適温と少しぬる湯の両方を味わえます

 

藻は掃除して流してしまえば問題ありません(笑)

 

私が最初に一生懸命お掃除をし

 

「めちゃくちゃ気持ちいいよ~!」と言ったので

 

女性陣も安心して「私達も入ろう~」っと

 

脱衣場はないのでブルーシートを敷いて

 

そこで服を脱ぎ脱ぎします

yuma42_RRR

 

 

 

 

入る時は出来るだけ砂が崩れないように気をつけて入ります

yuma44_RRR

 

 

 

 

ん~っ、適温で気持ちいい~!!!

yuma45_RRR

 

 

 

 

こちら側は少しぬる湯なので長湯出来ちゃう(^^)/

yuma46_RRR

 

 

 

 

ご満悦な女性陣達

yuma47_RRR

 

 

 

 

そんなこんなで1時間以上浸かっていたでしょうか

yuma48_RRR

 

 

 

 

すっかり身体が温まった私達は本格的に晩酌スタート!

yuma49_RRR

 

 

 

 

夜更けまで河原のテーブルで散々飲み食いしたのでした

(この時はすっかりクマもんの事は忘れていました・・・)

yuma50_RRR

 

 

 

 

酔っ払った私達は夜8時にはテントへ潜り込み夢の中へ

 

そして魅惑の湯俣ツアーもあっという間に最終日の朝に

 

まずは朝風呂に入ろう!

 

そう思ったのですが

 

すぐ隣でテント泊していた

 

男性2人組がとても楽しそうに満喫中

 

邪魔したらいけないと思い

 

その方達が上がるまで待つことにしました

 

男性お2人がお風呂から上がり

 

テーブルで朝食の支度を始めた頃

 

我々は入浴へ!

 

あぁ~!足から身体まで温まる~!(^^)!

yuma51_RRR

 

 

 

 

お風呂からはモーニング中の男性達がよく見えます(笑)

yuma52_RRR

 

 

 

 

しっかり身体が温まったので上がりましょう!

yuma53_RRR

 

 

 

 

ブルーシートの特製脱衣場へ移動します(笑)

yuma54_RRR

 

 

 

 

なんとも言えないこの解放感がたまりませんね^^

 

人間の本来あるべき姿が

 

遠慮なく体感出来る貴重な場所

 

そんな場所を見つけることが出来た

 

貴重な旅になりました。

 

ここは絶対に再訪しなくては(^^)/

 

そう心に決めて湯俣を後にした我々一行なのでした!

| 中房・穂高・白馬大町 | 15:20 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

限定版 湯俣温泉 Part3

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| 中房・穂高・白馬大町 | 15:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

限定版 湯俣温泉 PART2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| 中房・穂高・白馬大町 | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

湯俣温泉 PART1

以前から書きたかった記事の写真が

ようやく整理出来たので,久々の更新です(^_^;)

今回訪れたのは「湯俣温泉」

長野県大町市の奥深く・・・

 

グーグルマップ 湯俣温泉

 

地図の通り、湯俣温泉は北アルプスの山々に挟まれた谷の中

高瀬川沿いにポツンとある温泉です

こんな場所ですから、現地に車では辿りつけません

以前記事で紹介した「葛温泉」近くの河原の野湯の少し奥

七倉山荘前にある駐車場へ車を駐車します

そこから先はタクシーに乗ります

(もちろんここから歩いても良いのですが)

タクシーは高瀬ダムの上まで乗せていってくれます

料金は片道2000円ちょっとでした(記憶が曖昧ですが)

そして高瀬ダムから湯俣温泉までは・・・

もちろん歩いて行くしかありません  距離は9kmちょっと

そんなに大変ではなくハイキングにちょうど良い距離です

 

 

出発地点はこのトンネルの前、近くに簡易トイレが一つあります

yuma00_RR

 

ここからゴールまでトイレはありませんので

もしも行かれる方が居ましたらここで済ましてくださいね

 

今回の旅も私達2人だけでなく

ファミリー同然の 痔郎&ゆみちゃん と4人の旅です

 

 

出発前に記念撮影!タクシーの運転手さんに撮ってもらいました 

yuma01_RR

 

 

そしていよいよ作戦行動開始!

 

 

作戦成功へ向け、皆で時間を合わせます

(一体なんの作戦なんだか・・・)

yuma02_RR

 

 

高瀬ダムから湯俣温泉までの行程はこうなっています

(小さくて見難いので Read More を見てください・・・)

yuma02-1

 

 

スタートしていきなりトンネルを2つ抜けるのですが

2つ目のトンネルには・・・

 

 

このように温泉が湧き出ております!(^^)!

yuma03-1

 

ぬる湯ですがビニールプールを持参すれば入浴可能ですよ(^_-)

もし正装で入浴して誰かに見つかっても責任は持てませんが(笑)

 

 

さて先を急ぎましょう!

yuma03_RR

 

 

案内図の通りしばらくはダム湖の湖畔を歩くことになります

 

 

この通りとても綺麗な景色を見ながらの楽しいハイキングです♪

 yuma04_RR

 

 

高瀬川第5発電所を越えると舗装路ではなく遊歩道になり

 

 

このように楽しいお散歩を満喫出来る道になります

yuma05_RR

 

 

思わず「歩こう♪歩こう♪私は元気~!」と歌いたくなりますね

 

 

時折り見かけられる紅葉も素晴らしく

yuma06_RR

 

 

気付けば「名無し小屋」へ到着 行程の約3分の2まで来ました

yuma08_RR

 

 

その後は高瀬川を見ながらの道が多く

yuma10_RR

 

 

川向うに目的地の「湯俣温泉晴嵐荘」が見えてきました

(写真の真ん中ちょっと右には野生のお猿さんも居ます)

yuma11_RR

 

 

私達が渡る橋をお猿さん達が渡っています

yuma13_RR

 

 

橋の手前ではお猿と急接近(^^)/ 可愛いなぁ~♪

yuma14_RR

 

 

橋は吊り橋なので1人ずつ渡りました

yuma15_RR

 

 

渡り終わるとこのようなメッセージがあります(;^ω^)

yuma16_RR

 

 

 

そう、ここの河原には熊が現れるとかで・・・

そして我々が4人が泊まるのは「晴嵐荘」ではなく・・・

 

 

 

河原にあるこのテーブルの脇

yuma17-01_RR

 

 

このテントに泊まります!

(私達2人は初めての設営でしたがそれなりに設営出来ました)

yuma17-02_RR

 

 

ここでクマもんの襲撃に脅えながら1泊します(笑)

 

 

テント設営を終えた私達は

この後、近くにある天然記念物の墳湯丘へ向かうのですが

随分長くなりましたのでそれは次回ということでm(_ _)m

 

>> Read More

| 中房・穂高・白馬大町 | 20:41 | comments:21 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

超開放的な河原の野湯で・・・ 葛温泉 河原の湯  限定版

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| 中房・穂高・白馬大町 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>